海外積立投資 比較のTOPに戻る
「海外積立投資 比較」トップ >  保険会社 比較 > フレンズプロビデント 海外積立投資 

フレンズプロビデント 海外積立投資 

2015年に海外積立業界が大きく変わりました。

イギリスのフレンズプロビデントという海外積立投資の保険会社を紹介します。

改正後

※現在フレンズプロビデントは日本人は契約できません。

商品名:Premier Wealth CR

設立年:1832年

本社所在地:英国エジンバラ

格付け:S&P社 A+

    Moody’s社 A2

上場:FTSE100

従業員:約4000人

拠点:ジャージー島、マン島、香港、ドバイ、シンガポール、ガンジー島

契約者数:300万人以上

ファンドタイプ:ミラーファンド

申込場所:申込不可

契約期間:10〜25年

25年満期

プラン手数料:6$/月

初期口座手数料:初期口座時価に対し四半期ごとに1.5%(6%/年)

信託手数料:貯蓄口座時価に対し月0.1%(1.2%/年)

積立停止可能期間:無制限

最低取り崩し金額:US$750

S&Pとは

アメリカに本社を置きムーディーズと並ぶ世界最大の投資情報機関の1つです。

企業や銀行等の金融機関の信用力の調査を行っています。

サブプライム問題以降も市場に大きな影響力を持ちつづける格付け機関として知られています。

格付けは上からAAA、AA、A、BBB、BB、B、CCC、CC、C


Moody’sとは

スタンダード&プアーズと並ぶ2大格付け会社の1つです。

ムーディーズの格付けも世界の投資機関に大きな影響を持っています。

格付けは上から、

Aaa、Aa1、Aa2、Aa3、A1、A2、A3、Baa1、Baa2、Baa3、Ba1、Ba2 、Ba3、B1、B2、B3、Caa1、Caa2、Caa3、Ca、C

FTSE100とは

英国FT(ファイナンシャルタイム社)とロンドン証券取引所グループの合弁会社であるFTSEが公表する物価指数です。

本指数は英国ロンドン証券取引所に上場されている時価総額が最も大きい100社を対象としています。

FTSE100銘柄といえば英国上場企業の代表格と言えます。



今までは

商品名:Premier Wealth CR

設立年:1832年

本社所在地:英国エジンバラ

格付け:S&P社 A+

    Moody’s社 A2

上場:FTSE100

従業員:約4000人

拠点:ジャージー島、マン島、香港、ドバイ、シンガポール、ガンジー島

契約者数:300万人以上

ファンドタイプ:ミラーファンド

申込場所:申込不可

契約期間:10〜25年

25年満期

プラン手数料:6$/月

初期口座手数料:初期口座時価に対し四半期ごとに1.5%(6%/年)

信託手数料:貯蓄口座時価に対し月0.1%(1.2%/年)

積立停止可能期間:無制限

最低取り崩し金額:US$750




S&Pとは

アメリカに本社を置きムーディーズと並ぶ世界最大の投資情報機関の1つです。

企業や銀行等の金融機関の信用力の調査を行っています。

サブプライム問題以降も市場に大きな影響力を持ちつづける格付け機関として知られています。

格付けは上からAAA、AA、A、BBB、BB、B、CCC、CC、C


Moody’sとは

スタンダード&プアーズと並ぶ2大格付け会社の1つです。

ムーディーズの格付けも世界の投資機関に大きな影響を持っています。

格付けは上から、

Aaa、Aa1、Aa2、Aa3、A1、A2、A3、Baa1、Baa2、Baa3、Ba1、Ba2 、Ba3、B1、B2、B3、Caa1、Caa2、Caa3、Ca、C

FTSE100とは

英国FT(ファイナンシャルタイム社)とロンドン証券取引所グループの合弁会社であるFTSEが公表する物価指数です。

本指数は英国ロンドン証券取引所に上場されている時価総額が最も大きい100社を対象としています。

FTSE100銘柄といえば英国上場企業の代表格と言えます。



フレンズに関する情報は以上です。

会社情報よりも海外積立を始めるにあたって、個人的には一番重要だと思っていることですが

それはどの保険会社やIFAに契約するかということも大切ですが、それよりも【誰から契約するか】という点です。

海外積立で一番大切なことは積立したお金を受け取ることです。

契約後には〈住所の変更〉、〈取り崩し手続き〉、〈クレジットカードの変更〉、〈IFAの移管〉等々の諸手続きが必ず必要になってきます。

しかし海外積立業界で頻繁に横行しているのが、このアフターサポートのずさんな点です。

多くのところが諸手続きは代理店か又は販売業者を通じての流れになります。

そのため契約後に連絡が取れない、管理やアフターフォローがずさんといったトラブルがかなり多いのが海外積立業界の実態です。



ここで、あまり知られていない業者側の事情に関して記載しておきます。

海外積立を売りたい業者は契約コミッションを初期口座期間の間に受け取ります。

そのコミッション額は積立金額と積立期間に応じて算出された金額になります。

初期口座期間中に解約されると戻入しないといけないので、その間は解約されない様にサポートやフォローを行いますが

初期口座期間以降は連絡が取りづらくなったり、スムーズに諸手続きが進まないという事例がかなり多いです。



海外積立の販売業者は資格もない素人が多かったり、ネットワークビジネス的に自己のビジネスや利益として参画している人が非常に多いので(というか99%ほとんどです)注意が必要です。

金融知識もなく契約させるために発言したことに契約を検討している人が振り回されるということも非常に多いと思います。

業者側は海外積立の契約が欲しいばかりに「税金がかからない」、「運用利率が良いから」と甘い言葉で契約を急がせます。

あまり理解度がないうちに仮契約をさせたり、不安が残っているのに契約を臭わせることを言ってくるならば注意が必要です。

それは営業トークでいう〈クロージング〉をしにかかっているのです。

海外積立はしっかりと理解して向き合えば魅力度の高い積立型金融商品ですが、この【誰から契約するか】で大きくその魅力度の度合いは変わります。



もう契約してしまい今後の海外積立に関することが不安という方や

各保険会社やフレンズプロビデントに関する契約要項等をもう少し知りたい方は、周りの詳しい知人に相談してみましょう。

もしも詳しい方がおられなかった場合は、お問い合せ頂いても構いません。

私は海外積立の販売業者ではありませんが、契約当時はかなり調べましたので、多少の事はお答えできるかもしれません。

ただし、日中は仕事で常時PCメールが確認できる状況ではないので、もしかすると返信に時間がかかるかもしれませんがご了承をお願いします。

【サイト管理者への質問はこちらまで】⇒housebeat0630@gmail.com



契約の前に海外積立の基本をしっかりと頭に叩き込んでください。

第三者機関のメルマガですが、基本が分かりやすく書いてあるものを見つけました。

分かりやすくて個人的にはおすすめできます。

【推奨メルマガ(無料です)】

情報は海外投資コミュニティというサイトから一部引用して記事を作成しました。

海外投資コミュニティさんでは私が網羅出来ていない海外積立で実際に起こったトラブルや多くの人が見落としがちなポイントについても書いてある様です。

何に注意をしなければいけないかが細かく書いてあるので参考にしてみるのも良いと思います。
関連コンテンツ

プレミアトラスト 海外積立投資

幾つもある海外積立の保険会社の中でも比較的歴史の浅いプレミアトラストについてご紹介します。 商品名:プリンシパルプロテクション 設立年:2007年 本社所在地:BVI(Britis・・・

ハンサード 海外積立投資

イギリスのハンサードという海外積立投資の保険会社を紹介します。 2015年に海外積立業界が大きく変わりました。 イギリスのハンサードという海外積立投資の保険会社を紹介します。 ※現在ハ・・・

インベスターズトラスト 海外積立投資 

西インド諸島のインベスターズトラストという海外積立投資保険会社を紹介します。 商品名:EVOLUTION 設立年:2002年 本社所在地:ケイマン諸島 格付け:AM Best ・・・

RL360(ロイヤルロンドン)海外積立投資

イギリスのロイヤルロンドンという海外積立投資保険会社を紹介します。 2015年に海外積立業界が大きく変わりました。 改正後 イギリスのロイヤルロンドンという海外積立投資保険会社を紹介しま・・・

エイジアス(アジアス) 海外積立投資

ベルギーの海外積立投資保険会社エイジアスを紹介します。 2015年に海外積立業界が大きく変わりました 改正後 商品名:COLUMBUS 105タイプが7月に発売予定 商品詳細は不・・・

ジェネラリー 海外積立投資 

イタリアの海外積立投資保険会社であるジェネラリーをここでは紹介します。 2015年に海外積立業界が大きく変わりました。 改正後 ※現在ジェネラリーは日本人は契約できません。 設・・・

スタンダードライフ 海外積立投資 

英国の海外積立投資保険会社であるスタンダードライフを紹介していきます。 2015年に海外積立業界が大きく変わりました。 改正後 英国の海外積立投資保険会社であるスタンダードライフを紹・・・