9年間海外積立を経験して知った海外積立業界の裏話と実態まとめサイトのTOPに戻る

海外積立業界9年間で得たFTlifeの運用商品の評判とは?

FTlife社はベルギーに本社を置く旧アジアスが2016年に中国北京に拠点のあるJDグループに買収されて、社名変更に至った保険会社です。

オスカーという商品が日本人向けに積極的に販売されています。

正直、加入者は少なくあまりパッとしない商品という印象です。

商品内容もイマイチという内容です。

詳細について書くと専門用語ばかりになってしまうので、ざっくりと概要を記載します。

先ほど述べたオスカーは105商品と業界内では呼ばれています。

これは簡単に言うと契約者が死亡したときに積立資産の105%が返ってくるという商品の事を指します。

一方で101商品と言われる商品がロイヤルロンドンやインベスターズトラストの商品です。

これは同じように契約者が死亡したときに積立資産の101%が返ってくることを指します。

105は保険商品で101は運用商品です。

なぜこうなったのかという経緯ですが

ざっくりというと香港籍の海外積立商品(運用商品)の販売に規制がかかったからです。

原因は香港内で悪徳業者が契約者にウソなどを吹聴して海外積立商品を販売していた事に起因します。

この規制の網を潜り抜ける為に開発されたのが105商品です。

105商品の中身は保証の部分が101よりも増えており、商品区分としては前述しましたが保険商品に該当します。

実はこのポイントは大切です。

今までよりも保証部分が増えているということは、運用に回す分の資金が減らされているということです。

香港市場に適応するために苦肉の策で作られたような様なものなので、商品内容的にも実際の人気でもイマイチという感は否めません。

正直加入できるのであれば101商品の方が運用効率は商品の仕組み上は良くなっています。

良くも悪くもあまりクチコミや評判は少ない商品です。

海外積立ではアフターサポートが運用成績と同じ大切です。

海外積立契約後はカスタマーサポートは基本的には紹介業者経由になります。

つまり契約後のことを考慮する、どの保険会社やIFAに契約するかということよりも【誰から契約するか】が非常に重要です。

契約後には〈住所変更〉、〈取崩手続〉、〈クレジットカードの変更〉等々の諸手続きが必ず必要になってきます。

しかし海外積立業界で頻繁にトラブルが起きているのが、この契約後のアフターサポートのずさんさです。

今回の事例の様に「契約後に紹介者連絡が取れない」、「管理がずさん」といったトラブルがかなり多いのが事実です。



あまり知られていない業者側の実態に関してですが

海外積立を紹介している業者は頭の中は「契約させたい」の一心です。

理由は明確で紹介コミッションが積立金額×積立期間に応じて紹介者に反映されるからです。

紹介コミッションは契約後から24ヶ月の間に数回に分けて紹介業者に支払われます。

24ヶ月までに解約されてしまうとコミッションの戻入となる為、解約されない様に始めのうちはアフターサポートを行いはしますが

25ヶ月以降は連絡が取りづらくなったりスムーズに行えないという事例がかなり多い様です。

海外積立の紹介業者は資格もない素人やネットワークビジネスの様に参画している業者が非常に多いので(99%)注意が必要です。

金融知識もないにも関わらず契約させるために甘い言葉を並べることで契約者が振り回されるということも少なくありません。

紹介業者側は海外積立の契約を欲しいばかりに「税金がかからない」、「運用利率が良い」などと言って契約を急がせるケースが非常に多いので注意が必要です。

海外積立はしっかりと理解して向き合えば魅力の多い金融商品ですが、【誰から加入するか】で大きく魅力度合いは変わります。



海外の投資案件では海外積立が定番です。

海外積立は確かに理解して着手すれば魅力的な商品です。

しかし契約の前に海外積立の基本をしっかりと頭に叩き込んでください。

私が書いたものではなく第三者機関のメルマガですが、基本が分かりやすく書いてあるものを見つけました。

海外積立の全体像やポイントが分かりやすくて個人的にはおすすめできます。

推奨メルマガ(無料です)


投資案件を聞くことがあれば

『自分が何に魅力を感じて投資をするのか』を明確にしましょう。

『ただお金が増えることに目が眩んでいる』だけなのであれば絶対に出資してはいけません。

出資する前に一度は利害関係のない詳しい第三者に客観的に状況を判断してもらいましょう。

自身では気付かなかったリスクや落とし穴に気づくことが出来ると思います。

もしも近くに詳しい方がおられない場合は、お問い合せ頂いても構いません。

多少の事はお答えできるかもしれません。

ただし、日中は仕事で常時PCメールが確認できる状況ではないので、もしかすると返信に時間がかかるかもしれませんがご了承をお願いします。

お問い合わせは左サイドバーの方に載せておきます。


情報は海外投資コミュニティというサイトから一部引用して記事を作成しました。

海外投資コミュニティさんでは私が網羅出来ていない海外積立で実際に起こったトラブルや多くの人が見落としがちなポイントについても書いてある様です。

何に注意をしなければいけないかが細かく書いてあるので参考にしてみるのも良いと思います。
関連コンテンツ

海外積立業界9年間で得たインベスターズトラストの運用商品の評判は? 

インベスターズトラストの評判を紹介します。 設立2002年というとても若い会社です。 ですが、格付け会社Moody’sの評価はAAAと最高ランクとなっています。 アジアスと同じ・・・

海外積立業界9年間で得たプレミアトラストの運用商品の評判とは?

プレミアトラストは2016年頃から業界では噂を聞くようになりました。 インベスターズトラストの様に元本保証 積立年数も25年と長く運用できる など扱う販売業者も増えて注目を浴びていま・・・

海外積立業界9年間で得たメティスの運用商品の評判とは?

海外金融商品のメティスについての口コミ評判をご紹介します。 メティスは積立型の金融商品だという認識がある方が多いですが〈一括型〉と〈積立型〉の2種類があります。 〈一括型〉はブライトという・・・

海外積立業界9年間で得たハンサードの運用商品の評判とは? 

ハンサードの評判を紹介します。 ハンサードはマン島に籍をおく大手保険会社です。 2014年に日本人の新契約を停止、撤退をしました。 すでに契約をしている人の契約、運用は続いてい・・・

海外積立業界9年間で得たフレンズプロビデントの運用商品の評判とは?

フレンズプロビデントの評判を紹介します。 フレンズプロビデントはマン島に籍をおく大手保険会社です。 2012年に日本人の新契約を停止、撤退をしました。 すでに契約をしている人の・・・

海外積立業界9年間で得たジェネラリーの運用商品の評判とは?

ジェネラリーは本当に謎の会社です。 日本人の受入はしているようですが、どこのIFAを選んでいるんでしょうか。 IFAは1社しか提携していないという話も聞きます。 マイナーな保険会社の・・・

海外積立業界9年間で得たエイジアスの運用商品の評判とは? 

エイジアスの評判を紹介します。 設立1824年の老舗ですが、日本ではフレンズプロビデント、ハンサード、スタンダードライフ、ロイヤルロンドンより後発のイメージがあります。 最近、伸びてき・・・

海外積立業界9年間で得たRL360の運用商品の評判とは?

ロイヤルロンドンの評判を紹介します。 設立1861年、契約者数340万人という数字からも安定感があります。 マン島に籍をおいていますが、マン島の金融機関審査は非常に厳しく、マン島に籍を・・・

海外積立業界9年間で得たスタンダードライフの運用商品の評判とは?

スタンダードライフの評判を紹介します。 1825年設立ということもあり、非常に老舗の安定したイメージです。 運用は最長99歳まで、しかも複利運用でしてくれるので、運用がうまくいけば非常・・・