海外積立投資 比較のTOPに戻る
「海外積立投資 比較」トップ >  保険会社を選ぶポイント > 海外積立投資 運用シミュレーション

海外積立投資 運用シミュレーション

海外積立を提案された時にほとんど多くの方が運用シュミレーションを見せられて契約に至ります。

ですが運用シュミレーションを鵜呑みにするのはやめましょう。

多くの販売業者が

変動はあるけど大体10%位の年間運用益だと思って下さい

と言っているみたいです。

勿論、毎年運用結果は変動するので『10%の運用益』にはなんの根拠もありません。

シュミレーションで希望に突き動かされて契約するのはやめましょう。



確かに『これがもし本当ならば…』と意気揚々としてしまいますが

保険会社の情報だけではなくて

冷静になって過去の運用実績とIFAの運用手法や特徴を教えてもらいましょう。

もしこの質問にあたふたする様であれば素人業者です。

『過去の運用実績』と『IFAの運用手法は?』という質問はリトマス試験紙代わりにもなるのでおすすめの質問です。



海外積立に魅力は感じているけど

本当にこの会社でよいのだろうか
この人からの契約で大丈夫だろうか
『まだよく分かっていない』

等々が頭によぎるのであれば契約するのはもう少し待ちましょう。

疑問点を海外積立に詳しい第三者に相談して理解してから契約をしましょう。

海外積立は魅力的な金融商品ですが後で『知らなかった』ということが、とても面倒なことに発展しかねません。



もしも第三者で海外積立に詳しい方がおられないのであれば、問合せを頂いても構いません。

過去に少し勉強したので、多少はお力になれるかもしれません。

しかし、日中は仕事で常時PCメールを確認できないため即時返信することは難しいのでご了承をお願いします。

【サイト管理者への質問はこちらまで】⇒housebeat0630@gmail.com



海外積立は自分でしっかりと仕組みを知ることもとても大事です。

私が過去に見つけた下記メルマガは基本を分かりやすく書いてくれてあります。

私が執筆したものではなく第三者機関のものですが、無料なので個人的にはおすすめできます。

推奨メルマガ(無料です)

情報は海外投資コミュニティというサイトから一部引用して記事を作成しました。

海外投資コミュニティさんでは私が網羅出来ていない海外積立で実際に起こったトラブルや多くの人が見落としがちなポイントについても書いてある様です。

何に注意をしなければいけないかが細かく書いてあるので参考にしてみるのも良いと思います。
関連コンテンツ

海外積立 現状

2015年以降にILAS制度変更により購入ができなくなった香港籍の海外積立商品があります。 一世風靡をしたFriends Provident(フレンズプロビデント)のPremier(プレミア) ・・・

積立投資 証券会社 選び方

海外積立で日本人が契約できる保険会社は エイジアス(アジアス)、メティス、ハンサード、ジェネラリー、インベスターズトラスト、ロイヤルロンドンといったところでしょうか。 よくどの保険会社・・・