海外積立投資 比較のTOPに戻る
「海外積立投資 比較」トップ > リスク・デメリット

リスク・デメリット

海外投資に興味のある人の多くが持っているニーズがあります。 高いリターンを望むことです。 国内では投資信託も郵便貯金も雀の涙ほどの利息です。 比較すると海外積立の利回りは非常に魅力的・・・
海外積立商品は法律上は営業が禁止されていますがファミレスや喫茶店ではネットワーカーの様な出で立ちの販売業者が一生懸命にプレゼンをしているのを見かけます。 よく聞かれるのは金融商品を購入する契約者・・・
海外積立を始める方の目的は〈お金を殖やすこと〉だと思います。 勿論、国内の資産運用の実績よりも利回りが低ければ契約する意味はありません。 しかし「お金を殖やすこと」の裏側に必ず・・・
IFAを選ぶ際に過去の運用実績は信頼に足る要素として一目を置いている方は少なくないでしょう。 なかにはあるIFAの一時の年間運用実績が40%を超える時があり、業者はその実績だけをアピールし・・・
海外積立投資の話題では必ず出てくるマン島というところを紹介します。 投資に詳しい方であれば簡単なことといえますが、マン島はイギリスとアイルランドの間にある島国で、基本的にはイギリスの一部・・・・
IFAには倒産をしてしまうリスク・ケースがあります。 ただIFAはあなたのお金を直接管理しているわけではありませんから、お金は毎月保険会社へ行き、IFAがチョイスしたファンド購入にあてられ・・・
海外積立は現在、海外金融商品と一律同じくくりになっています。 積立をしている最中は税金がかかりませんし、もちろん申告の必要もありません。 申告が必要なのは、お金をおろしたとき。(おろし・・・
マイナンバーが巷では騒がれていますが、実態や現状の詳細について把握している人は30%もいません。 海外投資業界に関係する方はアンテナが高い方が多いですが、しかし一般層と同様にマイナンバーが海外・・・
海外積立投資の保険会社にはつぶれてしまうというケースもじつはあります。 あなたのお金を直接管理しているのは保険会社ですから、保険会社がつぶれてしまうのは深刻な問題です。 海外積立を販売・・・
フレンズプロビデント以来、無資格でも売れてしまう海外積立のブローカーが続出しました。 特に怖いのがネットワーカーが海外積立を売っている現実です。 大した金融知識もないのに「これ増えるか・・・
海外積立投資にも手数料のリスクがあります。 多くの保険会社は初期口座から年4.8〜8%の手数料を取ります。 各社にウェルカムボーナスがあり初期口座の積立は一見してかなり運用が大きくなっ・・・
海外積立投資には為替変動のリスクだけでなく、価値変動のリスクも考えておかなければなりません。 年10%くらいの運用益を得るためにはポートフォリオに株式投資を組み込まなければなりません。 ・・・
海外積立投資にも為替変動のリスクはあります。 例えば、1$=100円のときに100円を1$に換えます。 その後、為替が1$=90円になったとします。 そのタイミングで1$を円に戻すと・・・
海外積立投資の仲介業者や代理店の廃業リスクを紹介します。 現実的にはIFAと連絡を取り合うことは少ないはずです。 実際は、勧めた紹介者、およびその国内代理店にアフターフォローを頼むのが・・・
海外積立投資は初期口座と貯蓄口座に分かれています。 初期口座は保険会社が手数料を取る貯金箱です。 初期口座の手数料率は貯蓄口座より多くなっています。 この初期口座のお金は契約満・・・
海外積立投資のプロであるIFAのリスクを紹介します。 IFAに投資を依存するため、良く言えば投資のプロに信託しているわけですが、悪く言えば自分の大切なお金が手元から離れて目に見えない形になって・・・

カテゴリー「リスク・デメリット」のトップへ↑