海外積立投資 比較のTOPに戻る

マン島 海外積立投資

海外積立投資の話題では必ず出てくるマン島というところを紹介します。


投資に詳しい方であれば簡単なことといえますが、マン島はイギリスとアイルランドの間にある島国で、基本的にはイギリスの一部・特別領域という位置づけになっています。


マン島の満席は570平方キロ・東京23区より少し小さいくらいで人口は8万人ほどとなっていますので、東京の狛江市くらいの数となっています。基本的には英語は公用語となっています。


マン島はイギリスの市民権を保有しており、マン島独自の市民権は存在していません。


政治的にはどうもイギリスという感じがします。


マン島では毎年公道を使った命がけのバイクレースが行われます。


車よりもはるかに危険なのがこのバイクレースといえます。


素人の他人から見るとこんなのよくやるわ〜という感じがします。海外投資はできても、これは絶対無理という感じがします。



マン島は海外投資をする方であれば、多くの人が知っている税金の軽減ができるタックス・ヘブンという場所です。


また世界でも有数の金融街となっています。


マン島は金融で生計を立てている小国ですので、これは言われてみれば当たり前のことかもしれません。


ただこのタックス・ヘブンはマン島の中でしか税金優遇がされません。


マン島を出てしまったら、儲けた分の税金はしっかりと徴収されます。


たとえばマン島からイギリスに出てしまってから得た利益はしっかりと税金の対象になってきますので、注意が必要といえます。


またマン島での金融機関が倒産してしまった場合に、資産の最大90%までをマン島政府が保証をするとなっていますが、あくまで最大90%であること、よって50%・30%前後しか保証されない可能性は十分にあります。


またこの90%というのは時価総額のという条件になっていますので、おそらく閉鎖する前の銀行の時価総額なので高々知れています。


あなたの想定の2・3割程度が戻ってくればまだいい方ではないかと考えておいた方が無難といえそうです。


海外積立投資を行った時に、金融機関などが潰れたら、ほとんど金銭は返ってこないかもと考えるのが筋といえそうです。


マン島で海外積立投資と考えると、何か夢でもつかんだかなという感じがするのですが、実際にそんなに簡単なことではありません。


マン島やタックスヘイブンに関しての税制や積立に関する事で知りたい方は、まずは周りの詳しい知人に聞いてみましょう。

もし周りに海外積立に関して詳しい方がおられなかったらお問合せ頂いても結構です。

過去にかなり情報収集をしましたので、大体のことはお答えできるかと思います。

ただし、仕事等でメールが毎度確認出来る環境ではありませんので、もしかしたら返信が遅れるかもしれませんがご了承下さい。

【サイト管理者への質問はこちらまで】⇒housebeat0630@gmail.com




契約の前に海外積立の基本をしっかりと頭に叩き込んでください。

私が書いたものではなく第三者機関のメルマガですが、基本が分かりやすく書いてあるものを見つけました。

海外積立の全体像やポイントが分かりやすくて個人的にはおすすめできます。

【推奨メルマガ(無料です)】


情報は海外投資コミュニティというサイトから一部引用して記事を作成しました。

海外投資コミュニティさんでは私が網羅出来ていない海外積立で実際に起こったトラブルや多くの人が見落としがちなポイントについても書いてある様です。

何に注意をしなければいけないかが細かく書いてあるので参考にしてみるのも良いと思います。
関連コンテンツ

海外積立 高利回りリスク

海外投資に興味のある人の多くが持っているニーズがあります。 高いリターンを望むことです。 国内では投資信託も郵便貯金も雀の涙ほどの利息です。 比較すると海外積立の利回りは非常に魅力的・・・

海外積立 違法の危険性

海外積立商品は法律上は営業が禁止されていますがファミレスや喫茶店ではネットワーカーの様な出で立ちの販売業者が一生懸命にプレゼンをしているのを見かけます。 よく聞かれるのは金融商品を購入する契約者・・・

海外積立投資 IFA リスク

海外積立を始める方の目的は〈お金を殖やすこと〉だと思います。 勿論、国内の資産運用の実績よりも利回りが低ければ契約する意味はありません。 しかし「お金を殖やすこと」の裏側に必ず・・・

海外積立投資 IFA 運用利回り 

IFAを選ぶ際に過去の運用実績は信頼に足る要素として一目を置いている方は少なくないでしょう。 なかにはあるIFAの一時の年間運用実績が40%を超える時があり、業者はその実績だけをアピールし・・・

海外積立投資 IFA 倒産リスク

IFAには倒産をしてしまうリスク・ケースがあります。 ただIFAはあなたのお金を直接管理しているわけではありませんから、お金は毎月保険会社へ行き、IFAがチョイスしたファンド購入にあてられ・・・

海外積立投資 税金申告

海外積立は現在、海外金融商品と一律同じくくりになっています。 積立をしている最中は税金がかかりませんし、もちろん申告の必要もありません。 申告が必要なのは、お金をおろしたとき。(おろし・・・

マイナンバーと個人海外年金

マイナンバーが巷では騒がれていますが、実態や現状の詳細について把握している人は30%もいません。 海外投資業界に関係する方はアンテナが高い方が多いですが、しかし一般層と同様にマイナンバーが海外・・・

海外積立投資 保険会社 倒産リスク

海外積立投資の保険会社にはつぶれてしまうというケースもじつはあります。 あなたのお金を直接管理しているのは保険会社ですから、保険会社がつぶれてしまうのは深刻な問題です。 海外積立を販売・・・

海外積立投資 ネットワークビジネス リスク

フレンズプロビデント以来、無資格でも売れてしまう海外積立のブローカーが続出しました。 特に怖いのがネットワーカーが海外積立を売っている現実です。 大した金融知識もないのに「これ増えるか・・・

海外積立投資 手数料 リスク

海外積立投資にも手数料のリスクがあります。 多くの保険会社は初期口座から年4.8〜8%の手数料を取ります。 各社にウェルカムボーナスがあり初期口座の積立は一見してかなり運用が大きくなっ・・・

海外積立投資 価値変動 リスク

海外積立投資には為替変動のリスクだけでなく、価値変動のリスクも考えておかなければなりません。 年10%くらいの運用益を得るためにはポートフォリオに株式投資を組み込まなければなりません。 ・・・

海外積立投資 為替 リスク

海外積立投資にも為替変動のリスクはあります。 例えば、1$=100円のときに100円を1$に換えます。 その後、為替が1$=90円になったとします。 そのタイミングで1$を円に戻すと・・・

海外積立投資 仲介業者や代理店 廃業リスク

海外積立投資の仲介業者や代理店の廃業リスクを紹介します。 現実的にはIFAと連絡を取り合うことは少ないはずです。 実際は、勧めた紹介者、およびその国内代理店にアフターフォローを頼むのが・・・

海外積立投資 初期期間リスク

海外積立投資は初期口座と貯蓄口座に分かれています。 初期口座は保険会社が手数料を取る貯金箱です。 初期口座の手数料率は貯蓄口座より多くなっています。 この初期口座のお金は契約満・・・

海外積立投資 IFAのリスク

海外積立投資のプロであるIFAのリスクを紹介します。 IFAに投資を依存するため、良く言えば投資のプロに信託しているわけですが、悪く言えば自分の大切なお金が手元から離れて目に見えない形になって・・・