9年間海外積立を経験して知った海外積立業界の裏話と実態まとめサイトのTOPに戻る

いまさら聞けない確定拠出年金とは?

公務員や専業主婦へと拡大する確定拠出年金(DCと呼ばれています)。

企業や国が国民の老後資金を保証できなくなってきたので、「これからは自分で自分の老後資金は準備してね」という目的の制度です。



確定拠出年金は毎月の拠出(支払う)金額が決まっていて、受け取れる金額が運用によって変動するもので、拠出した資金は投資信託や定期預金、保険商品などに投資して自分で運用することができます。

主なデメリットとしては

1 口座管理手数料がかかる
2 60歳まで引き出せない
3 運用を自分で行う必要がある

という以上の3つがポイントとなります。

一方でメリットといえば

1 運用益が非課税
2 税金の優遇を受けることが出来る(税金の繰り延べ)

税金の繰り延べというのは、所得税が控除されるわけではなく受取時に所得税がかかるためにこう呼ばれています。

ですので「所得税がかからないから得だ

と安易に考えてはいけません。

勿論、本来は毎年払わないといけない税金を将来に先延ばしにすることになるので、手元資金としての運用効率は高まります。

以上のメリットとデメリットを踏まえて総合的に判断をする必要があるのですが、個人的にはあまりオススメできません。



その理由はデメリットで書いた↓なのですが

〈60歳まで引き出せないという流動性の悪さ〉

老後資金の準備が目的という点では、その時まで使わないことが前提ではありますが長い人生ではいつ何が起こるかは誰にも分かるものではありません。

それは病気や事故かもしれないし両親の介護かもしれませんが、万が一に備えて資金の流動性はある程度確保しておくことが資産形成には必要です。



自分で運用しなければいけない運用リスク

この自分で運用先を選ぶ必要があるというのは相当なハードルです。

これまで殆ど投資をしてこなかった人であれば、イチかバチかの【カン】次第で自分の老後資金の金額が決まってしまいます。

下手をすればカンで選んだ選択肢によって死活問題になってしまいます。

既にDCを行っている人の殆どの方が自分がどのような投資先を選んで、どのような要因で価値が変動しているか理解していないのが実態です。



世間では「手数料や非課税面でメリットが高い」といった評価がありますが、それ以前に「運用益を出せるのか?」が投資をする上で最も重要なポイントです。

その上で「自分は何%位のリターンを狙いたいのか?

それに対しての手数料の割合と期待リターンを計算して総合的に判断することが大切です。



例えば、DCで自分で運用をして結果的に手数料など加味して年率3%のリターンが出ることもあるでしょう。

しかし一方でプロに運用を一任して7%のリターンがでれば、遥かに手数料や税制をしのぐメリットがあることになります。

同じ運用による変動リスクを負った投資を行うのであれば

運用のプロが一任で運用を行い流動性の高い海外積立ファンドの方が投資初心者にとっては遥かにメリットが大きいと言えます。

しかし残念なことに殆どの人がこうした海外の年金型商品を知らないのが現状です。

その方が国にとっては都合が良いので仕方がありませんが、日本が金融鎖国といわれる所以はこうしたところにあり、情報格差で人生にも大きな格差が生まれているのです。

しかし海外積立ファンドを検討する場合はくれぐれも保険会社・IFA選びにご注意下さい。

海外積立ファンドを提案する販売業者は多く(というかほとんど95%以上)がネットワークビジネス的に参入している素人です。

そういう輩は「海外積立を販売して手数料をもらうこと」しか頭にないために

・長い年数の契約
・大きな積立金額で契約してもらうこと

のみにエネルギーを注いでいます。

個々人の資産額やライフプランに沿って海外積立を提案できる人はほんのひと握りの中のひと握りです。

私が書いたものではなく第三者機関のメルマガですが、基本が分かりやすく書いてあるものを見つけました。

海外積立の全体像やポイントが分かりやすくて個人的にはおすすめできます。

【推奨メルマガ(無料です)】



情報は海外投資コミュニティというサイトから一部引用して記事を作成しました。

海外投資コミュニティさんでは私が網羅出来ていない海外積立で実際に起こったトラブルや多くの人が見落としがちなポイントについても書いてある様です。

何に注意をしなければいけないかが細かく書いてあるので参考にしてみるのも良いと思います。
関連コンテンツ

海外投資で怪しいと感じたら相談しましょう

海外投資の方法は数えきれないほどありますが、その方法のほとんどは詐欺です。 海外投資を勧められている人は絶対に手を出してはいけません。 海外株式、海外不動産、海外ファンド、FXファンド、先・・・

2018年決定版「退職金の運用を絶対失敗しないために知るべきこと

今後益々増加していく退職年齢層。 そんな退職金の運用を巡って様々な金融機関が好条件を謳い、顧客囲い込みに動いています。 しかし、行き過ぎた誤大広告のような商品も多数存在するので、十分注意して検・・・