9年間海外積立を経験して知った海外積立業界の裏話と実態まとめサイトのTOPに戻る

2018年決定版「海外積立投資を始める前に押さえるべきこと」まとめ

海外積立の内容や仕組みを誤って理解されている方が本当に多いです。

本人が間違って理解したのか、説明している人が間違っているのかは分かりませんが

間違いなく言えることは〈困るのは契約する人〉です。

そんなの聞いてない

知らなかった

では済まないこともあるので情報は信頼できる情報元からのみ仕入れる様にしましょう。

信頼できる情報元とは社会的信用がある企業や人なのか?

また、自分の発言に責任を持っているか?ということです。

巷には投資詐欺や色んな情報が溢れかえっています。

私も高い勉強代を払ったこともあります。

「どんな情報を仕入れるか」よりも

どんな人から情報を仕入れるか」の方が遥かに重要です。



海外積立の業界では様々な違法業者が存在します。

誰の言葉を信じれば良いか悩みますが一番良いのは

海外ファンドを合法的に助言できる金融機関で聞くこと」です。

これ以外に正しい情報を得ることはほぼ不可能でしょう。

「ロイヤルロンドンの運用実績が一番良い」

「メティスはリスクが低く勧めるプロが多い」

「ハリスフレザーというIFAの運用実績がどこよりも良い」

こんな情報は全くのデタラメです。

この様なことを平気で謳っている時点で詐欺やペテン師の素人と同じレベルです。



かくいう私は海外積立の契約時にはIFAという単語さえも聞いたことがありませんでした。

仕組みの理解も大まかでした。

そして契約した一年後に海外積立難民になり大変な思いをした一人です。



海外積立の販売業者は資格もない素人が多かったり、ネットワークビジネス的に参画している方が非常に多いので(というかほとんど)注意が必要です。

金融知識もなく契約させるために言ったことで契約者が振り回されるということも往々にしてあります。

業者側は海外積立の契約を欲しいばかりに「税金がかからない」、「運用利率が良い」などと言って契約を急がせる人も非常に多いのが現状です。

海外積立はしっかりと理解して向き合えば魅力の多い金融商品ですが、この【誰から加入するか】で大きく魅力度合いは変わります。

海外積立はちゃんと理解して着手すれば魅力的な商品です。

海外積立を契約する前に一度は利害関係のない詳しい第三者に客観的に状況を判断してもらいましょう。

自身では気付かなかったリスクや落とし穴に気づくことが出来ると思います。

もしも近くに詳しい方がおられない場合は、お問い合せ頂いても構いません。

私は海外積立の販売業者ではありませんが、契約当時や海外積立難民になってからは情報収集の際にかなり調べましたので、多少の事はお答えできるかもしれません。

ただし、日中は仕事で常時PCメールが確認できる状況ではないので、もしかすると返信に時間がかかるかもしれませんがご了承をお願いします。

お問い合わせは左サイドバーの方に載せておきます。



契約の前に海外積立の基本をしっかりと頭に叩き込んでください。

私が書いたものではなく第三者機関のメルマガですが、基本が分かりやすく書いてあるものを見つけました。

海外積立の全体像やポイントが分かりやすくて個人的にはおすすめできます。

推奨メルマガ(無料です)


情報は海外投資コミュニティというサイトから一部引用して記事を作成しました。

海外投資コミュニティさんでは私が網羅出来ていない海外積立で実際に起こったトラブルや多くの人が見落としがちなポイントについても書いてある様です。

何に注意をしなければいけないかが細かく書いてあるので参考にしてみるのも良いと思います。
関連コンテンツ

海外投資を始める前に絶対に知らないといけない13こと

国内の金融機関も会社です。 当然ながら彼らは売上を上げるためにサービスや情報を提供しています。 りそな銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、野村證券…等々 ここではこういった大手金融・・・