海外積立投資 比較のTOPに戻る

投資信託 手数料

投資信託は日本国内では比較的リスクも低く人気です。

個人投資家向けの商品の一つとして色々なメディアや書籍でも優位性が紹介されています。

野村證券やみずほ證券、三菱東京UFJ銀行などといった大手金融機関も工夫や差別化を図り営業に注力しています。

今回は大手金融機関にとっては花形商品でもある投資信託についてご紹介したいと思います。



国内では投資信託の商品の数は5,000本以上あるとされています。

2001年7月末時点で追加型株式公募投信は

2011年7月時点で運用が継続されているのは約30%となっています。

実に10年間で70%の投資信託が償還されています。

更に遡って1991年7月時点の過去20年間でみると継続されているのは9%の継続率に留まっています。

全商品の91%が償還されています。



なぜこういったことが起こるのでしょうか?

本来は長期運用・長期保有を目的としている投資信託ですが

新規設定商品へ投資家の資金が集まりやすいことやファンドの乗り換えにより純資産額が減少することが原因となっています。

投資信託は運用を継続するにあたり一定の純資産額が必要とされますが

それを維持できなくて償還へと追いやられるケースが殆どなのです。



投資家は人気の高い投資信託についても注意深く観察する必要があります。

証券会社や銀行は〈販売手数料による収益〉をビジネスモデルとしているため

新商品を次々と出して投資家には〈売り買いをさせなければいけない〉のです。

最近はノーロードといった販売手数料がかからない商品が出てきましたが

いよいよ国内の金融業界も牌の奪い合いに限界を感じてきているという状況でしょう。



こういった事情も踏まえて国内に限らず海外にも視野を広げて長期的に安定した需要のある商品を選ぶことも投資家にとっては必要なことでしょう。

東京や大阪や名古屋といった都市部を中心に海外積立は右肩上がりに需要が伸びてきていますが

安易に巷の販売業者に契約を依頼することは絶対にダメです。

海外積立は契約した後が大切です。

適切な運用がされているのか?

住所変更などのアフターサポートを円滑に行うことができるのか?

取り崩しをする際の手順は?

サポートを代行してくれる業者が長期的に存在し得るのか?

これらの必要条件を全て合致しているところは実は非常に少ないのが実情です。

また販売業者は資格もない素人が多かったり、ネットワークビジネス的に参画している方が非常に多いので(というかほとんど)注意が必要です。

金融知識もなく契約させるために言ったことで契約者が振り回されるということも往々にしてあります。

業者側は海外積立の契約を欲しいばかりに「税金がかからない」、「運用利率が良い」などと言って契約を急がせる人も非常に多いのが現状です。

海外積立はしっかりと理解して向き合えば魅力の多い金融商品ですが、この【誰から加入するか】で大きく魅力度合いは変わります。



海外積立はちゃんと理解して着手すれば魅力的な商品です。

海外積立を契約する前に一度は利害関係のない詳しい第三者に客観的に状況を判断してもらいましょう。

自身では気付かなかったリスクや落とし穴に気づくことが出来ると思います。

もしも近くに詳しい方がおられない場合は、お問い合せ頂いても構いません。

私は海外積立の販売業者ではありませんが、契約当時や海外積立難民になってからは情報収集の際にかなり調べましたので、多少の事はお答えできるかもしれません。

ただし、日中は仕事で常時PCメールが確認できる状況ではないので、もしかすると返信に時間がかかるかもしれませんがご了承をお願いします。

【サイト管理者への質問はこちらまで】⇒housebeat0630@gmail.com



契約の前に海外積立の基本をしっかりと頭に叩き込んでください。

私が書いたものではなく第三者機関のメルマガですが、基本が分かりやすく書いてあるものを見つけました。

海外積立の全体像やポイントが分かりやすくて個人的にはおすすめできます。

【推奨メルマガ(無料です)】


情報は海外投資コミュニティというサイトから一部引用して記事を作成しました。

海外投資コミュニティさんでは私が網羅出来ていない海外積立で実際に起こったトラブルや多くの人が見落としがちなポイントについても書いてある様です。

何に注意をしなければいけないかが細かく書いてあるので参考にしてみるのも良いと思います。
関連コンテンツ

海外積立 金融機関

海外積立の内容や仕組みを誤って理解されている方が本当に多いです。 本人が間違って理解したのか、説明している人が間違っているのかは分かりませんが 間違いなく言えることは〈困るのは契約する人〉・・・

海外積立 問題点

海外積立は昨今では知名度が上がり身近なものになってきました。 そんな中で 「海外積立で詐欺業者がいるのか?」 という声を何度か聞いたことがあったので触れておきます。 海・・・

海外投資 手数料

国内の金融機関も会社です。 当然ながら彼らは売上を上げるためにサービスや情報を提供しています。 りそな銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、野村證券…等々 ここではこういった大手金融・・・

海外投資 ギャンブル

海外積立を契約したい人、又はすでに契約している人の多くが とりあえず海外積立に契約すれば良いと考えています。 私も過去はそのうちの一人でした。 自分の体験談から学んだ大切なポイントを・・・

海外投資 成功

世の中には星の数ほどの金融商品や投資商品があります。 その中で継続的なリターンを出し続けられる商品は〈ほんのひと握り〉です。 富裕層の多くは有能なファンドマネージャーやプライベートバンカー・・・

海外投資 情報

大手企業でも個人でも海外投資を提案する方が必ず口にするのが 「日本よりも海外の方がお金が殖えるから、どうせ資産運用するなら海外の方が良い」 このサイト記事をご覧頂いている皆様であれば、こん・・・

海外投資 コンサル

海外投資には別記事で挙げた幾つかの知っておくべき最低条件の情報があります。 復習ですが ・会社や個人の社会的信頼性 ・資金を運用する運用会社などの実績や透明性 ・為替や税金や運・・・

海外投資 メリット

『海外投資は利回りが高い』 このサイトを訪れている方であれば、この謳い文句に一度は興味を持ったことがある方も多いかと思います。 海外投資のメリットとして 例えば、ファンド(投資信託)・・・

海外投資 リスク

海外投資では他にも注意点があるのでご紹介します。 海外投資を提案してきた人や会社の人であっても、実際に名刺にある住所が実際にはない住所が書いてあることが少なくありません。 別記事【海外投資・・・

海外投資 詐欺

別記事でも挙げましたが海外投資には高利回りになりやすい環境であるというメリットがあります。 しかし提案者の言われるままに海外投資を提案する方の言葉を鵜呑みにして出資すると後々痛い目に遭うことも少・・・

海外投資 失敗

海外投資には別記事にも挙げましたがメリットが存在します。 この記事では海外投資に関して初心者の方や初めてという方には是非頭に入れて欲しい海外投資の概要を記載します。 海外投資と言っても商品・・・

海外投資 注意点

別記事にも挙げましたが海外投資にはメリットもある反面で詐欺による危険性もあります。 これらを踏まえて海外投資を検討するのであれば先ずは 【絶対に】金融機関を介した商品に投資をすること ・・・

ラップ口座とは? 海外積立

海外積立を契約するとラップ口座を開設することになります。 たまに「ラップ口座とは何ですか」と相談を受けるのですが、ここで簡単ですが紹介をしておきます。 海外積立のラップ口座は〈PPB(プラ・・・

海外銀行口座は必要? 海外積立

海外積立の契約を検討していると海外銀行口座の開設も勧められた、という方は多いのではないかと思います。 しかし何故海外の銀行口座を開設する必要性や使い方を理解している人は非常に少ないのが現状です。・・・

ポートフォリオとは? 海外積立

「海外積立に関して情報収集していますが、ポートフォリオって何ですか?」 と何度かお問い合わせがあったので、出来るだけ分かりやすくご紹介します。 紹介者の提案を受け、契約者は契約書面・・・