海外積立投資 比較のTOPに戻る
「海外積立投資 比較」トップ >  海外積立投資 比較 > インベスターズトラスト 利回り

インベスターズトラスト 利回り

海外積立投資でインベスターズトラストを積極的に勧める販売代理店が少なくありません。

彼らは

「元本保証だから安全」
「積立額に対して140%の利回りが保証されている」

として積極的に提案をしています。



私が今まで見てきた結果、インベスターズトラストを提案しているのはネットで「無料IFAを紹介」としている素人業者や

20代の男の子がネットワークビジネス的に販売組織を作って契約を勧めている無認可業者がほとんどです。

たまにファイナンシャルプランナーでもインベスターズトラストを勧める人がいますが、契約には慎重になった方が良いでしょう。



というのもインベスターズトラストは金融のプロや海外投資に詳しい専門家からはかなり懐疑的に見られています。

そもそも運用するユニットがS&Pに上場されている株式をメインにしているにも関わらず、元本を保証するということ自体有り得ないと見られています。

その株式で運用して損失を出した際の補填資金や元本保証に関する明確な説明もされていないことからインベスターズトラスト社の信頼は低いと見られています。

格付けでは評価されていますが、保険会社が格付機関にお金を払って営業活動が促せるようにしてあることが疑われています。(リーマンショック同様の手口)

日本人が契約できる商品ですがインベスターズトラスト社は日本以外のアジアのマーケットで営業活動においてトラブルを生じさせたり

実際にインベスターズトラスト社の従業員に対して賃金の支払い停止が生じたこともあり内情は穏やかではなさそうです。



やはり
「元本保証で140%の利回り保証」

というのが代理店からすると売りやすい謳い文句ではありますが懐疑的に見たほうが良さそうです。



そして運用面のみならず大切なことがあります。

それは契約後のアフターサポートです。

海外積立投資は契約後の方が長いことをお忘れなく。



海外積立契約後はカスタマーサポートは基本的には紹介業者経由になります。

つまり契約後のことを考慮すると、【誰から契約するか】が非常に重要です。

契約後には〈住所変更〉、〈取崩手続〉、〈クレジットカードの変更〉等々の諸手続きが必ず必要になってきます。



しかし海外積立業界で頻繁にトラブルが起きているのが、この契約後のアフターサポートのずさんさです。

「契約後に紹介者連絡が取れない」、「紹介者が廃業した」、「管理がずさん」といったトラブルがかなり多いのが事実です。



あまり知られていない業者側の実態に関してですが

海外積立を紹介している業者は頭の中は「契約させたい」の一心です。

理由は明確で紹介コミッションが積立金額×積立期間に応じて紹介者に反映されるからです。

紹介コミッションは契約後から24ヶ月の間に数回に分けて紹介業者に支払われます。

24ヶ月までに解約されてしまうとコミッションの戻入となる為、解約されない様に始めのうちはアフターサポートを行いはしますが

25ヶ月以降は連絡が取りづらくなったりスムーズに行えないという事例がかなり多い様です。



海外積立の紹介業者は資格もない素人やネットワークビジネス目的だったり、目の前のコミッション欲しさに参画している業者が非常に多いので(99%)注意が必要です。

金融知識もないにも関わらず契約させるために甘い言葉を並べることで契約者が振り回されるということも少なくありません。

紹介業者側は海外積立の契約を欲しいばかりに「税金がかからない」、「運用利率が良い」などと言って契約を急がせるケースが非常に多いので注意が必要です。

海外積立はしっかりと理解して向き合えば魅力の多い金融商品ですが、【誰から加入するか】で大きく魅力度合いは変わります。



安易に契約をする前に必ず利害関係のない第三者の詳しい人に相談するクセをつけましょう。

もしも詳しい方が周りにおられなかった場合は、お問い合せ頂いても構いません。

私も契約当時はかなり調べましたので、多少の事はお答えできるかもしれません。

ただし、日中は仕事で常時PCメールが確認できる状況ではないので、もしかすると返信に時間がかかるかもしれませんがご了承をお願いします。

お問い合わせは左サイドバーの方に載せておきます。



契約の前に海外積立の基本をしっかりと頭に叩き込んでください。

第三者機関のメルマガですが、基本が分かりやすく書いてあるものを見つけました。

分かりやすくて個人的にはおすすめできます。

【推奨メルマガ(無料です)】